ブラックリストに載る【条件、基準、原因】

ブラックリストに載る条件は?

ブラックリストに載る【条件、基準、原因】は3つ

 

信用情報機関に事故情報として載るには大きく3パターンあります!

 

  • 借金の滞納、延滞

 

  • 債務整理をする

 

  • 短期間に金融審査を受け過ぎ

 

 

借金の滞納、延滞

 

延滞ブラックや滞納ブラックといわれる事故情報になります!

 

借金の長期滞納1回!
約2〜3カ月金融業者への借金の返済が遅れた場合
クレジットカードの利用料の支払いを長期延滞した場合
※1回でブラックリストに載ってしまいます!
短期延滞の繰り返し3回以上!
引き落とし日に、お金を振込み忘れていた場合などで
すぐに、返済は済ませた場合
※支払いが一回程度遅れただけでは問題ありません。

 

 

債務整理をする

 

債務整理をした場合
債務整理は5種類ありますが、すべてブラックリストにのる!
1.過払い金請求 2.個人民事再生 3.特定調停 4.任意整理 5.自己破産

 

 

短期間に金融審査を受け過ぎ

 

申し込みブラック
約1カ月以内に、約5ヶ所以上の金融会社に申し込みをした場合
申し込みブラックの間は審査に通りにくくなりますが、
申し込みブラックの場合は1〜2カ月程度で、
信用情報機関の申し込みブラック情報は無くなります。

 

 

消費者金融とクレジットカード会社の事故情報について

 

消費者金融カードローンや銀行カードローンでのキャッシングの事故情報と
クレジットカードの事故情報とでは、扱っている情報機関が違う場合が多いです!

 

信用情報機関【事故情報を扱う機関】は数社あり、金融業者は信用情報機関からデータを買っているのです
なのですべての信用情報機関からデータを買っていたのではお金がかかり過ぎる金融業者は
数社の信用情報機関しか使用していない所も多いのです

 

なので

 

消費者金融の事故情報に載ってしまっている人でも
クレジットカードの新規申し込みの際の審査で事故情報がばれずにクレジットカードを簡単に作れてしまうケースもあります

 

最近では携帯ブラックと言う言葉も耳にしますが、クレジットカードを使って携帯料金を支払っている方が
知らず知らずのうちに短期滞納を繰り返すことで、クレジットカードで金融事故を起こしているとデータにのこり
他社の金融業者にキャッシングの申込みをしても審査に通らなくなってしまう現象になります。

 

 

関連ページ

ブラックリストを消す方法
ブラックリストを消す方法は、基本的には一定の期間(時間)が必要です、長いのは自己破産で約8年ほどです、延滞ブラックと滞納ブラックの場合はお金をキッチリ払えば短い期間で金融事故情報が消えます約1年ほどです
ブラックリストに載っていると絶対に借り入れできないのか?
ブラックリストに載っていると絶対に借り入れできないのかについて説明しています、ブラックリスト審査なしで金融事故者でも絶対ではないですがキャッシングやローンの融資可能な中小消費者金融について
ブラックでも絶対に借りられる消費者金融はどこ?
ブラックでも絶対に借りられる消費者金融はどこ?絶対に審査なしでブラックでもキャッシングやローンの融資可能な中小消費者金融ではありませんが比較的審査の甘い借りられるところを案内しています
延滞ブラックでも借りれる
延滞ブラックでも借りれるところについて説明しています、審査なしではありませんが借金の返済が滞っている延滞ブラックでもキャッシングやローンの融資可能な中小の消費者金融やマチ金、サラ金一覧表
多重債務者対応サラ金
多重債務者に対応しているサラ金について説明しています、多重債務審査なしでブラックでも複数社の借り入れがあってもキャッシングやローンが組める消費者金融や街金について