無職でもお金借りれる金融と方法

無職でもお金借りれる金融と方法はご存知ですか?

 

無職でもお金が借りれる金融はココッ←
キャッシングの申込みの際に職業欄に『無職』と書いてしまっては借り入れは難しくなります、嘘の記入は駄目ですが
少しでも印象が良くなるような、家事手伝いなど工夫をして書く事が、無職でもお金を借りやすくなる方法になります!

 

小規模消費者金融や街金なら、少額の9万9000千円以下の融資限定にはなりますが、その他の金融機関よりかは融資をしてもらいやすいようです!

 

無職でも借りれる方法
※絶対ではありませんっ!

 

何年も働いていない完全無職のケース
不動産担保ローンかクレジットカードのキャッシング枠なら借入が可能な場合があります!
不動産があればそれを担保にお金が借りれる事は良くあります。
クレジットカードの場合は、はじめは限度額10万円のショッピング枠程度の申し込みの場合
無職でも審査に通ることがありますので、クレジットカードを作れたなら
キャッシング枠の申し込みを10万円程度でしてみましょう。無職でも審査に通る事があります。

 

 

最近まで働いていた無職のケース
以前勤めていた会社の収入証明書を用意することが出来れば、
求職中や失業中扱いで一時的な無職だとみなして
キャッシングに応じてもらえる金融業者もあります。
3か月以上も仕事を辞めてから経過している場合は、審査が厳しくなるようです。

 

 

無職だと勘違いしているケース
非常に多いパターンです、せっかく派遣会社に登録をしていたり
水商売や日雇いなどで収入があるのにも関わらず
申し込み欄に『無職』と書いてしまっている方は審査に通りにくくなっています。
例えば、
キャバ嬢や風俗嬢、ホストなど夜のお店で現金払いでお給料をもらっている方なら
無職とは書かずに、ちゃんと記入をするだけで借入がしやすくなるのは事実のようです。

 

 

職業安定所(ハローワーク)

 

お金を借りるのもいいけど無職でお金がなくて困っているなら、職業安定所がおすすめ!
※職業安定所について詳しい方は、読んでも意味がありませんので飛ばして下さい!

 

街かどにある求人ポストで見かける求人よりかも、職業安定所の方が絶対におすすめ!

 

無職でまだ訪れたことがない方にはぜひお勧めしたいです。
1日だけの求人もありますし、パソコン操作が不慣れな方でも誰でも簡単に求人の閲覧が出来ます。

 

何よりお勧めしたいのが

 

職業安定所を通して、仕事が決まれば色々な特典が付いてきます。
安心安全なのはもちろん、
もしまた仕事を辞めるようなことがあったとしても、失業保険が貰えますので生活が安定します。

 

街かど求人誌のような所では、変な会社(ブラック企業)も登録されていることがあり
自分には合わなくて仕事を辞めてしまった場合などに後悔することが増えるパターンが多いようです。
失業保険をかけていない所だと、お金がもらえなかったり、給料が現金の手渡しだったりしますので記録に残りませんっ!

 

職業安定所を通して求人が出来るような会社なら
たとえ1日だけの仕事をするにしても、後々ちゃんとした記録が残りますのでお薦めです。
職業安定所に行くだけでも得をする情報が色々ありますので、お金に困っている無職の方は是非行ってみて下さいね。